時事ネタ

【画像】バーガーキング縦読みが怖い?私たちの勝チと読める?

1月31日に閉店する「マクドナルド秋葉原昭和通店」の2店舗隣にあるバーガーキングが店の入口に垂れ幕を用意し、22年間営業を続けたマックにエールを送ったことで話題になってます。

しかし、その垂れ幕には立てよにすると「私達の勝チ」と読めるとの噂が。

今回はバーガーキングの縦読みが怖い?私たちの勝チと読めるという噂についてまとめていきます。

マクドナルド秋葉原昭和通店が閉店!

22年間の営業を経て惜しまれつつも2020年1月31日に「マクドナルド秋葉原昭和通店」が閉店することとなりました。

バーガーキング縦読みが怖い?私たちの勝チ?

閉店する「マクドナルド秋葉原昭和通店」の2店舗隣りにあるバーガーキングもマックにエールの言葉を添えた垂れ幕が下がっていますが、1文字目を縦読みすると「私たちの勝チ」と読めるという、、

これにはネットからも「怖い!」という声があがっていました。

バーガーキング【わすれないよ】に変更

ネットで批判にあったせいか翌日には「わすれないよ」という文字に変わっていました。

文春の記者がバーガーキングにインタビューに行った際には

 このメッセージを掲げた経緯や理由について、バーガーキング秋葉原昭和通店の店長に直撃取材したところ、店長は「本社を通してください」と焦った表情で回答。しかし店員はポスターへの反響について「そうなんですよ~(笑)」と答え、「縦読みの件は意図したものですか?」との質問には笑顔で頷いた。

 このポスターについてバーガーキング広報はポスターについて書面でこう回答した。

「これまでたがいに切磋琢磨してきたライバルであるお店へ、敬意を込めてエールを送らせて頂きました。ポスターを見て、何を感じられるか、どのようなご意見をもたれるかは、お客様次第だと考えております。また、お客様がご自身の意見をどのような方法で他人に伝えられるか、あるいは世の中に発信されるかも、お客様次第だと考えております」

このように語っており、閉店当日のマックはバーガーキングの広告のおかげもありギリギリまで混んでいたそうです。