その他

Web3.0とは?DAOについて分かりやすく解説

最近、何かと話題に挙がっているWeb3.0。

Web3.0って結局のところ何を指しているの?

今までのWebの概念との違いって?

そんな疑問を払拭すべく、今回はWeb3.0やDAOについて簡単にまとめていきたいと思います。

Web3.0とは?

そもそもWeb3.0とはインターネットの新たな形を表す概念で、管理者を必要としない次世代の分散型インターネットの総称です。

Web1.0

Web1は、テキストを読んだり、メールをやり取りしたりする「一方通行のインターネット」時代のことです。

Web1が主流だったのは1990年代半ばから2000年代前半までです。

データの処理はサーバーが行い、ユーザーのデバイスはPCでした。

当時はインターネットの接続速度が遅かったため、画像を表示させるのに時間がかかってしまっていたこともあり、コンテンツはテキストと静止画像が中心でした。

バナー広告やドメイン名売買などが主な事例です。

当時webサイトは「ホームページ」と呼ばれていて、情報発信者はごく一部の限られた人が行っていました。

また、SNSやブログなどのように双方向性の機能は存在していませんでした。この時代、メールでの通信は可能でしたが、チャット機能はまだ存在していなかったため、情報通信は一方的でした。

インターネットは「情報を閲覧すること」を中心に利用されていた点が、大きな特徴です。

Web2.0

Web2は、「双方向コミュニケーションのインターネット」時代のことです。

インターネットの目的は、web1の時代には「情報の閲覧」であったのに対し、web2では「情報の交換」へと変化しました。

また、画像や動画の配信ができるようになり、双方向の情報通信が可能になったことが大きな特徴です。

代表的なサービスとして、GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)や、チャット機能が誕生しました。

しかし、ユーザー同士で流通しているお金をプラットフォームが収集して分配するというスタイルであるため、プラットフォームの利用で個人情報や行動データ、手数料も収集されてしまい、データの所有権が自分自身にはない状態になっている点が問題視されています。

Web3.0で実現できること

1990年代以降、Web1とWeb2と変化しているネット環境ですが、Web3でできるようになることは以下の3点です。

  • 仲介組織を介さずに自由に通信ができる
  • セキュリティが向上する
  • 人種や国境を超えてサービスを利用できる

その中でも「DAO」という単語を目にする機会が増えてきたのではないでしょうか。

DAO自体は2014年頃からあった概念であり、ここ最近でトレンドワードとなりつつあります。

しかしDAOについて調べていても、「複雑でよく理解できない」と感じている方も多いでしょう。

そこで次に、DAOの概要や使用事例を解説します。

DAOとは?

DAO(Decentralized Autonomous Organization)は日本語にすると「分散型自律組織」となり、ブロックチェーン上で世界中の人々が協力して管理・運営される組織のことです。

DAOの特徴は以下の通りです。

  • 中央管理者がおらず、参加者同士で管理
  • 透明性が高く、誰でもソースを閲覧できる
  • 誰でも組織に参加できる

従来の株式会社の場合、意思決定は上層部で行われ、決定されたことを上から下に指示を出す「トップダウン方式」が一般的です。

それに対してDAOでは、組織を統率する代表者が存在せず、参加者同士で意思決定されます

DAOの意思決定に関わるには「ガバナンストークン」を保有する必要があり、トークン保有者はDAOの組織運営に対する提案をしたり、意思決定に関わる投票に参加したりする権利を得られるのです。

いわゆる、ガバナンストークンを保有することにより誰でも意思決定者になれる訳です。

また自由度も大きくDAOは参入障壁が低くインターネット接続環境さえあれば誰でもブロックチェーン上に作ることが可能です。

例えば、従来の株式会社を設立するまでの多くの手順を省くこともできます。

以上からも従来の働き方がDAOの普及により、今後大きく変わっていきそうですね。