時事ネタ

【新型肺炎】感染した中国人は誰?入院場所(病院)などまとめ!

1月16日の報道による中国・武漢で流行している新型肺炎が日本で初の感染者が出たというニュースが飛び込んできました。

今回は新型肺炎に感染した人が誰で今現在どこにいるのかなどまとめていきます。

新型肺炎が日本で発症!

1月16日に日本国内で肺炎の症状を訴え国立感染症研究所にて検査を受けた結果、陽性であることがわかりました。

中国中部の湖北省武漢市で原因不明の肺炎の発症が相次いでいる問題で、武漢市への渡航歴がある人が日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査で同じ肺炎の陽性反応が出ていたことが16日、関係者の話で分かった。日本国内での患者の確認は初めてで、政府は同日中にも関係省庁との間で対応を協議するとみられる。

現在中国では41名が発症しており日本では初の感染者となりました。

中国・武漢に渡航歴があるとのことですが具体的な時期などは明かされていないため新しい情報が入り次第追記していきます。

新型肺炎に感染した中国人は誰?

日本で新型肺炎に感染した方は中国人とのこと。現在判明している情報は以下の通りです。

  • 神奈川県在住の30代男性。中国人
  • 中国・武漢に渡航歴あり
  • 国立感染症研究所のウイルス検査で陽性反応
  • 武漢に渡航していた今月3日に発熱の症状を訴え、6日に日本に帰国したあと医療機関を受診
  • 症状は回復し15日に退院

一般人のため顔などは公表されていませんが、無事に退院したということで一安心ですね。

現在は医療スタッフ立ち会いのもと感染経路などの調査が行われているようです。

【新型肺炎】入院場所(病院)はどこ?

報道にある中国人男性(30)が入院した病院などは明かされておらず、男性は国立感染症研究所にて検査した後に病院に入院したとされています。

一番可能性として高いのは「国立国際医療研究センター病院」だと思われます。

  • 検査した国立感染症研究所と同じ敷地内にある
  • 日本でも話題となったエボラウイルスの検疫業務などにも貢献した功績

エボラウイルス同様、今回の肺炎も海外(中国)からの感染な為経験豊富なスタッフが常駐している「国立国際医療研究センター病院」に入院したと思われます。

しかしあくまでも予想なため、報道などで入院病院が判明しだい記事の方を更新していきます。