テレビ・ドラマ・映画

多重人格者haruやらせ?嘘くさい演技や10の人格についてまとめ!

「1番だけが知っている」に出演したことで多重人格者haruさんが話題になっていますね。

他のテレビなどでも取り上げられていますが、視聴者からは「やらせ。演技が嘘くさい」という声が。

今回は多重人格者haruはやらせ疑惑や嘘くさい演技。10の人格についてまとめていきます。

多重人格者haruは解離性同一性障害!

2019年10月に放送された「1番だけが知っている」にて解離性同一性障害を患い10の人格を持つharuさんが特集されて話題になっています。

【解離性同一性障害とは】

解離の間に自己同一性が完全に失われ、別の人格(交代人格)が出現するものです。解離性障害全体の3割ほどを占めています。多くの患者は、交代人格が出ている間の記憶を失っています。

高校生の時に医師から「解離性同一性障害」と診断された彼女は度々、別の人格と入れ替わってしまいその間の記憶はないとのこと。

解離性同一性障害の原因は?

AbemaTVに出演した際にカンニング竹山さんから「どんな時に人格は入れ替わるの?」という問いに対し「外部からのチカラがトリガーになる場合が多い」と語るharuさん。

厚生労働省のHPにはこのように書かれています。

つらい体験を自分から切り離そうとするために起こる一種の防衛反応と考えられています。治療では、安心できる環境にすること、家族や周囲の人が病気について理解することがとても大切です。

何かしらのトラウマのような嫌な経験から自分を守るために別人格がでているようですね。

というのもharuさんは幼い頃に両親の離婚や父親の他界を経験しています。小3のころから「自分の脳内に別の声が聞こえた」と語るように、そのころの家庭環境に何らかのストレスがかかり症状にかかってしまったと考えられます。

多重人格者haruの10の人格まとめ

haruさんには10の人格があると語られています。

脳内では10人の人格と共に会議が行われているらしく、ノート一つ買うにしても人格毎に好みが分かれているため苦労するようです。

【haru別人格まとめ】

  1. 洋祐:「僕」と同い年で、交代人格のまとめ役。
  2. 結衣:16歳。交代人格の中で唯一の女性。体の性別に沿わせようと頑張った時期、彼女を生み出すことで女性として生きようとしたのではと考えられる。
  3. :男性でも女性でもない。鬱病で不登校になった時に形成されたと思われる。知らない間にリスカさせられた。
  4. はると:6歳。詳細は不明。
  5. :13歳。中学に入学し、一生けん命適応しようと思っていた頃の人格。
  6. 圭一:25歳。学生時代、テストを代わりに受けて成績を維持していた存在。賢い。
  7. 航介:17歳。高専でロボットを作っていた時期にいたのではと推測される。
  8. 付(つき):気がついたときにいた。深夜に家を飛び出したりしていた頃の人格。
  9. 圭吾:19歳。他の人格から聞くところによると、変な人に絡まれるなど危ない局面で、まとめ役の洋祐が意図的に出せる唯一の人格。彼以外の人格はあっけにとられているが、圭吾は逃げたり振り払うことができる。「僕」が19歳の頃と関係しているかも知れないが、その時何があったか思い出せない。
  10. 灯真:年齢がなく、いつからいたか不明。真剣な雰囲気が苦手な「僕」の代わりに、彼が全部肩代わりしている。

    引用:msn

交代人格は明確には名乗らないが、声がはっきりと分かれているため識別できるという。

haruさんは自身の別人格について以下のように語っています。

他人格は僕を助けてくれる。でも、僕がパニックに陥った時、スムーズに人格交代が出来るわけではない。
人格交代は外部からのトリガーによって起こることが多い。だが、僕はパニックになると、外部の刺激が一切入ってこなくなる。トリガーがなくなる。どうしようもなくなり、思考回路がショートすると、僕は眠くなっていく。

多重人格者haruはやらせ?嘘くさい演技?

このようにharuさんを疑いの目で見る視聴者の方も少なからずいらっしゃいました。

たしかに解離性同一性障害は周りにいるような症状ではなく、珍しい方だと思います。

しかしharuさんが演技しても何もメリットがないですし、動画などを見ている限り演技ではできないようなリアリティがありました。