アニメ・漫画

ヒロアカ|志賀丸太の炎上理由や名前の意味は?韓国で批判殺到!

2月3日に発売された週刊少年ジャンプに掲載された「僕のヒーローアカデミア」259話にて志賀丸太という名前のキャラクターが出たことで韓国で炎上しているとのこと。

今回はヒロアカが炎上するキッカケとなった志賀丸太の名前の意味や炎上理由。韓国での炎上についてまとめていきます。





【ヒロアカ】志賀丸太が炎上した理由は?

現在、「志賀丸太」という名前が原因で韓国ではかなり炎上しているようです。

【ヒロアカ炎上理由まとめ】

  1. 人体実験を行っていた医者が「志賀丸太」という名前
  2. 第二次世界大戦時の人体実験の被験者を隠語で「丸太」と呼んでいた
  3. 日本で描かれた漫画の中に出演した人体実験しているキャラの名前に「丸太」は偶然ではすまされないと海外で炎上

今回の事件に対し週刊少年ジャンプ公式Twitterにて謝罪文を公表しています。

韓国で批判殺到!

わざとではないといえど海外では戦争に関するものでは、「わざとではすまない」とSNSを通じて怒りの声が届いています。

2月3日付ジャンプに載せられた「僕のヒーローアカデミア」259話で、通称「ドクター」と呼ばれたヴィランの名前が「志賀丸太」とあることが明らかになり、問題になっています。 「丸太」とは、第二次世界大戦当時日本731部隊の非人間的生体実験に命を失ったアメリカ人、中国人、韓国人、ロシア人などを含まれた20万被害者を製材所の丸太に比喩した俗語です。 これを代入して「志賀丸太」を解くと「生体実験の被害者に志を与える」ということになります。今までキャラクターの特賞に合う名でキャラクターの名を作る作家だったので、偶然の一致とは考えられません。





志賀丸太の名前の意味や付けた理由は?

作者である堀越先生は自身のTwitterにて謝罪と共にわざとではないと発言しています。

流石に狙って付けた名前とは考えにくいですし、国内のネットでも「語呂が良いから付けただけじゃない?」と養護する声が多く上がっていました。

志賀丸太は名前変更に

今回の対応として「志賀丸太」という名前は変更されるとのこと。

せっかく出てきたキャラの名前が変わってしまうのは少しさみしいですが、炎上具合や内容を考えるとしょうがない対応かと思われます。