時事ネタ

ホリエモンとトラブルの餃子店に「可哀そう」との声多発!芸能人やネットでの声

2020年9月にホリエモンこと堀江貴文氏の自身のフェイスブックへポストした記事によって、飲食店でのマスク入店について議論が起こりました。

そして「マスク着用」をめぐり実業家の堀江貴文氏とトラブルになっていた餃子店が、2020年10月3日に店舗の休業を発表しました。

この問題からお店が特定され、1日40件ほどお店にイタズラ電話が届くようになったと言います。。

今回は餃子店での騒動に対する詳細や芸能人やネットでのホリエモンに対する声をまとめていきたいと思います。

ホリエモン餃子店とのマスク拒否問題について

堀江氏は9月22日のフェイスブックの投稿で、堀江氏含む3人でこの餃子店を訪れた際、うち1人がマスクを着用していなかったため、餃子店スタッフからマスク未着用では入店できない旨を伝えられたと報告。その後、堀江氏は店側とマスク着用の対応をめぐり議論となり、入店を拒否されたという。

堀江氏は「超失礼な対応されて怒りに震えてる」と憤慨。

ユーチュブのホリエモンチャンネルにも今回の問題に関してアップされていました。

一方の餃子店側は25日にブログで堀江氏に対して「タチの悪いクレーマー」だと抗議し、堀江氏も同日に自身のツイッターで「ひどい店だな。害悪でしかない」と反論。

マスク問題でトラブルになった餃子店が休業!

そうした中、餃子店は3日にブログで「休業のお知らせ」と題した記事を投稿しました。

そこには以下のような内容が綴られていました。

「今回の一件でイタズラ電話が続き着信音を聞くのも苦痛になった為電話の着信音を切っており注文や予約が受けられない状況と妻が体調不良になってしまい営業が続けられるような状態では無いので妻の体調が落ち着くまでしばらくの間休業します」

餃子店のブログでは、堀江氏とのトラブルに関する過去の投稿は全て見られなくなっていました。

餃子店は今回の一件を受けて「イタズラ電話」が続いていることなどを説明。「営業が続けられるような状態では無い」としています。

1日40件以上のいたずら電話

SNSで堀江氏は店名を出していないのだが、「尾道の数字から始まる餃子店」と書いたため店が特定され、「1日40件以上のいたずら電話がかかってきます」(店主)といいいます。

SNSでも「死ね」「潰れろ」などの罵詈雑言を浴びせられ、店長に成りすました動画まで投稿されています。

堀江氏に対しても、「(店名を)さらすとか、ガキかよ」「早く謝れ。情けねえ言い訳してんじゃねえよ」と書き込みが殺到しているようです。

https://twitter.com/aiaruku0523/status/1312332833914974210?s=20

堀江氏はマスクをしていたにも関わらず、マスクをしていないとも思われる「報道の仕方」にも問題がありそうですね。。

芸能人からの声

10月1日朝の情報番組「グッとラック!」(TBS系)でもこの問題が取り上げられ、店に多数の誹謗中傷の声が寄せられていたことが報じられました。

立川志らくさん

「どっちがいい悪いじゃなくて、開店中だったら追い返されますわね。うちの落語会でホリエモンがこれやったら、出てってもらいます」

田村淳さん

「(店側は)ホリエモン慣れしてないんですよ。辛辣なコメントをバンバン発しますから。恫喝しているように思うかもしれないな」

小林麻耶さん

「自分がつらい時にそれを読んだら、人の気持ちを本当に死にたいなと思ってしまうほどに追い詰めることができる」と涙ながらに「誹謗中傷」の怖さを語っていました。

また、弁護士の髙橋知典さんは「大人の解決策」を提案。

「堀江さんが店に1000枚くらいのマスクを送って、マスクを着けていない客に配ってくださいというのはどうですかね」

これはホリエモンの好感度も上がりそうですね!

ネットでの声

3: 名無しのなんなん! 2020/10/03(土) 00:48:25.43 ID:UpGyHcR/0
可哀想ホリエモンは責任取れよ
54: 名無しのなんなん! 2020/10/03(土) 00:54:18.55 ID:CzUDNQFk0
他人には寛容になれよ…
コロナよりも人の心が恐ろしいよ