MENU
時事ネタ

カルロス・ゴーンの現在地はどこ?レバノンの自宅の住所や場所を調査!

元日産自動車の会長で保釈中の身だったカルロス・ゴーン氏が12月31日に中東レバノンに渡り話題となっていますね。

保釈中の身だった為、海外渡航は禁止でしたがそれを破っての渡航となります。

今回はカルロス・ゴーン氏がレバノンのどこにいるのかなど調査していきます。

カルロス・ゴーンがレバノンへ!

2019年12月31日に元日産自動車の会長であるカルロス・ゴーン氏が保釈中であったにも関わらず、中東のレバノンへと国外逃亡したことで警察、メディア各位に追われることとなっています。

現在の状況をまとめてみました。

【カルロス・ゴーンの状況】

  • 金融商品取引法違反などの罪で起訴され保釈中で今年4月に初公判を控えていた
  • 自宅を24時間監視。携帯、PCの使用制限された中での国外逃亡
  • 12月31日早朝にレバノンに到着している
  • 妻・キャロル氏もレバノンにて合流している

24時時間監視体制の中での海外渡航となると、さながらハリウッド映画のようですね。

現在はレバノンの自宅にて家族と一緒にいる様子ですが、一体どのようにして国外逃亡することができたのでしょうか。

カルロス・ゴーン氏が日本から出国する際に使った手口などをまとめていきます。

カルロス・ゴーンの国外逃亡の方法とは?

【1】音楽ケースの中に隠れた

各メディアがカルロス・ゴーン氏の国外逃亡の方法を報道している中で一番目を引くのは、これではないでしょうか。

一部報道機関ではカルロス・ゴーン氏が「音楽ケースの中に隠れて出国した」と噂されています。

  • ゴーン氏の知り合い音楽隊を呼び、持ってきた音楽ケースの中に入る
  • 地方空港から出国
  • 民間警備会社の支援も受けている

このように報道されていますが、日本だけに限らずレバノンの報道機関でも「ゴーン氏が箱に入って日本を出国した」と噂しているようです。

しかしゴーン氏は身長が165センチあり楽器ケースの中に入るのはかなり窮屈ですし、この説を裏付ける証拠などは見つかっていないため信憑性は薄いです。

【2】脱走チームによる協力

24時間監視体制の中で国外逃亡となるとゴーン氏一人による行動とは考えにくいです。

一部報道機関によるとゴーン氏の逃亡を数ヶ月前から計画しており、「脱出ルート・出国の際のプライベートジェットの手続き・レバノンへの入国手続き」などはこの脱走チームによる協力によるものが大きいと言われています。

たしかにゴーン氏が一人で全ての手続きをしたとは考えられないので、複数の協力者がいるのは自然かもしれませんね。

【3】パスポート偽造

ゴーン氏は保釈中の身だったため海外渡航は禁止されており、自身のパスポートは弁護団が預かったままでした。

それなのにどうやって日本からの出国・レバノンへの入国手続きを完了させたのでしょうか。

方法としては2つのルートが噂されています。

  1. レバノンの旅行券をあらかじめ持っていた
    (レバノン側が受け入れ体制にあった)
  2. 別人になりすました偽造パスポートを使用した

特に注目すべきは「偽造パスポート」です。

これは先程紹介した「脱走チーム」がゴーン氏に渡した疑いがあり、第三者の協力の下国外逃亡の手続きを完了させた疑いが高いとされています。

現在でも明確な逃亡ルートなどは明かされていませんが、協力者が複数いるのは間違いないようですね。

カルロス・ゴーンの現在地はレバノンのベイルート!

カルロス・ゴーン氏の現在地ですが中東レバノンのベイルートにある自宅にて家族と一緒に過ごしていると報道されています。

詳しい住所などは明かされていませんが、自宅付近にはメディア・警備員などが多数いるためかなり緊張した空気が流れているそうです。

カルロス・ゴーンの今後の動向は?

ゴーン氏は今の心境を「やっと自由に話せる。来週が楽しみだ」と語っています。

1月8日に会見を開く予定のゴーン氏ですが、そこで今後の動向が明らかになると思われます。

世界中から注目が集まる会見になると思いますが果たして何を話すのでしょうか。

最新情報が入り次第、記事の方を更新していきます。

カルロス・ゴーンの自宅は港区の元麻布ヒルズ?場所や住所はどこ?カルロス・ゴーン被告が保釈中の身にもかかわらずレバノンへと逃亡したことで話題となっていますね。 報道によるとゴーン氏の自宅へと家宅...