時事ネタ

勝武士は持病で糖尿病を患っていた?コロナ重症化に関係している?

高田川部屋所属の力士・勝武士さんがコロナにより28歳という若さで亡くなったことが日本相撲協会から発表されました。

勝武士には持病として糖尿病を患っていて、それがコロナ重症化につながったという噂が。





高田川部屋・勝武士がコロナにより死去

日本相撲協会は13日、新型コロナウイルス感染のため入院していた高田川部屋の三段目の勝武士(しょうぶし)さん(本名・末武清孝)が、同日午前0時半にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため都内の病院で死去したことを発表した。

国内スポーツ選手のコロナが原因で亡くなった事例は初めてということですが、28歳という若さは悲しみが深いですね。。

勝武士の行動歴はこちらです。

▽4月4、5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず。

▽4月4~6日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず。

▽4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず。

▽4月8日 熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性。

▽4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。

▽4月10日 PCR検査で陽性と判定。

▽4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける。

▽5月13日 午前0時30分、都内の病院で死去。





勝武士は持病で糖尿病を患っていた?

勝武士ですが実は持病で糖尿病を患っていたことが明らかにされています。

基礎疾患について問われ「28歳ですが、糖尿病を患っていたということで、最初に相撲協会でコロナの陽性反応が出たという力士。糖尿病があるのは力士は職業病みたいなものだが、『結構心配だね』という声はあった」と明かした。

こちらは相撲レポーターの横野レイコ氏の発言です。

一部では糖尿病などを患っている人が健康な人に比べコロナ重症化率が高いという数値もでています。

勝武士も糖尿病という持病を抱えながらのコロナ感染だったので周囲の人間も心配していたようです。

今回の訃報に対し八角理事長は、

「この度は悲報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠って欲しいと思います。懸命の措置をしてくださいました医療機関の皆様には、故人に代わり、深く感謝申し上げます」





相撲ファンからは悲しみの声が