YouTuber

ワタナベマホトの復帰動画の高田健志とは誰?加藤純一リスナーの犯行で確定?

同棲している女性の顔を踏みつけるなどして逮捕されていたYouTuber・ワタナベマホトさんが復帰するとなって話題になっています。

そんな中、ワタナベマホトさんの復帰動画に「高田健志」という謎の人物の名前が。

今回はワタナベマホトさんの復帰動画のコメント欄にでてくる高田健志という人物の伝説についてまとめていきます。

ワタナベマホトの復帰動画に高田健志の名前が

こちらの画像は2月17日に投稿されたワタナベマホトさんの謝罪動画のコメント欄になります。

しかも一部を抜粋したものでありかなりの数のコメントに「高田健志」という名前がでていました。

人類の宿敵、惑星トホマのベナタワ団を全滅させた高田健志は地球に帰り、疲れたため眠っていると、全滅させたはずのベナタワ団の戦闘員の大佐が地球に残っていた。その大佐は惑星トホマの王よりもはるかに強く、高田健志がこう言った。「なぜそんなに強いのに王にならないんだ?」大佐はこう言う。「めんどくせ。」このような返答に腹が立った高田健志は髪の毛は逆立ち、金色に。そしてまた激しい戦いが始まったが、大佐は戦いの中で成長していき、やがて高田健志を上回る。だが、超人的なタフさで大佐に勝った高田健志はこう言った。「俺は死なない!この命がある限り!!」と言い残し、息を引き取った。人々はこれを伝説と言う。

幼き日に最愛の母親、高田ママを亡くした兄・健志と弟・純一の兄弟は、母親を生き返らせようと、錬金術における最大の禁忌、人体錬成を行う。
しかし失敗に終わり、健志は股間を、純一は自らの身体全てを失ってしまう。
健志は自身のケツ毛を代価として、純一の魂を「うんこ」に定着させることに辛うじて成功したが、自分達の愚かさに気づく。その後健志は自ら失った股間とケツ毛に機械鎧(オートメイル)を装着し、仮の手足を手に入れて絶対に股間、ケツ毛、体を取り戻すことを決意。
12歳となった健志は国家錬金術師となり、二つ名「鋼」を授けられ、純一と共に元の体に戻る為、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出る。

高田健志とは誰?

名前:高田健志(たかだけんし)

生年月日:1985年12月16日

年齢:34歳

職業:実況者・俳優

高田健志は2009年からニコニコ動画でゲーム実況を中心に活動しており、現在でも実況を続けながら俳優としても活動しています。

ワタナベマホトの動画に高田健志がでてきた理由は?

ワタナベマホトさんの動画のコメント欄に高田健志が出てきた理由として、「加藤純一リスナー(信者衛門)」の存在が関わっていると噂されています。

【加藤純一とは】

ニコニコ動画・YouTubeにて生放送を中心にゲーム実況などで活動している。

YouTubeLIVEでは同時接続人数8万人を突破し世界1位を取るほどの人気実況者

加藤純一さんと高田健志は過去にも共演するほどの仲の良さで一緒にゲームをするほどでしたがある時を境に関係は悪化し、それ以降ほとんど共演することはなくなりました。

しかし加藤純一リスナーの信者衛門はイタズラ目的で高田健志の名前を加藤純一さんの放送中だけではなく他の生放送中にも名前を出すようになりました(荒らし目的)

今回のワタナベマホトさんの動画も過去の事例を見ていく限り、信者衛門が荒らし目的で高田健志の名前を出していたと思われます。