芸能人

小林正寿のミニマリスト生活が極端すぎる!天然エピソード3選!

朝の報道番組ZIPにて天気予報を担当している小林正寿さんの生活が一部で話題となっています。

バラエティ番組に出た際には自身のミニマリスト生活を話し、共演者から笑いどころか少し引かれていました。。

今回は天気予報士・小林正寿さんのミニマリスト生活と天然すぎるエピソードをまとめていきます。

小林正寿のミニマリスト生活がすごい!

小林正寿さんはさんま御殿に出演した際に語ったミニマリスト生活が極端すぎると話題になっています。

【小林正寿ミニマリスト生活】

  • 家に布団がないため、床に直接寝ている
     (※寝坊防止のためとのこと)
  • 包丁を置いていないため肉は手で引きちぎる
  • 冷蔵庫はあるが湿布だけが入っているだけ

ミニマリスト生活は流行っていますが、ここまで極端だと不便そうですよね。

しかし本人は快適な暮らしらしく、特に気にしていない様子でした。。

 

小林正寿の天然エピソード3選!

小林さんはかなりの天然で面白いエピソードをいくつも持っていました。

今日はその中から特に面白いものをまとめていきます!

【小林正寿天然エピソード】

  1. カーテンをつけない理由
  2. 寿司が寿司じゃない
  3. 食事の方法

天然エピソード①【カーテンをつけない理由】

小林さんの家にはカーテンがないそうです。

ZIPにレギュラー出演しているのでプライバシーなど気にしそうですが、カブトムシが見たいがために、カーテンはつけないと説明していました。

小林:僕の家はカーテンがないんですよ。

さんま:なんでや?

小林:僕、カブトムシが好きなんですけど自宅の光を見つけて寄ってくるんですよね。なのでカーテンは邪魔になってしまうのでつけないままでいるんです。

会話を聞いてもよくわからないですね。。

光によってくるカブトムシを見るためということでしたが、そもそも自宅がある港区にカブトムシはいるのでしょうか。

とにかく自分の生活よりカブトムシを優先するのは、かなりの天然ですね。

天然エピソード②【寿司が寿司じゃない】

小林さんは自分の名前に「寿」がついていることから寿司が好きで、よくつくるそうです

しかし小林さんが作っているものは寿司ではなかったようです。

小林:僕の家はお皿がないので、よく寿司をつくるんですよ。米にネタを乗っけるだけですしね。

共演者:酢はどうしてるの?

小林:酢は入れていません。

酢飯にネタを乗っけるのが寿司であって、ただの米だと寿司とはいわないと共演者から総ツッコミにあっていました。

そもそも名前に「寿」がついているから寿司が好きという理由もよくわかりませんね。。

天然エピソード③【食事の方法】

またもや食事関連のネタですが、小林さんは一度の食事で3合ものお米を食すそうです。

これだけ聞くと大食いのように思えますが、どうやら理由は違うようで「食事の度に米を何回も炊くのが面倒」とのことでした。

炊くのが面倒だから一度に多く食べるのは流石天然ですね。

しかも3合はかなり多いから2時間かけて食べるらしいです。

小林正寿プロフィール

名前:小林正寿(こばやし まさとし)

生年月日:1988年 (年齢 32歳)

学歴:専修大学

中学校の野球部のとある練習日に雪の予報を部員に伝えたところ、その日は晴れだったため予報は外れ、以来「デマ」と言われるようになり気象予報士を目指すようになる。

動物の写真を見ると鼻血がでるらしく、寝る前に見て布団に血がついてしまった為、捨ててから床に直接寝ているらしいです。

2019年からは朝の顔としてZIPの月・水・金の天気予報を担当しています。