芸能人

【画像】黒柳徹子の若い頃が爽やかで美人すぎると話題に!昔と今を比較してみた!

徹子の部屋といえば日本中の老若男女が知っている番組でその司会者といえば黒柳徹子さんですよね。

徹子の部屋は初回放送は1976年!
43年も放送されているということになり日本を代表する長寿番組ですね!

長く冠番組をやられている黒柳徹子さんですが若い頃が美人で話題になっていたのはご存知でしょうか。

今日は黒柳徹子さんについて色々と調査していきます!





黒柳徹子の若い頃が美人と話題に!

顔も小さくて噂通りの美人ですね!

NHK時代

黒柳徹子さんは若い頃はNHKの専属女優として劇やラジオなどでも大活躍していました!

NHKに入るキッカケとして、

「音楽学校を卒業してオペラ歌手になれないことが分かったので、自分の子どもに人形劇や絵本の読み聞かせを上手にできるお母さんになろうと思ったんです。そんなときNHK放送劇団の俳優募集が新聞に出ていて、素人でも1年間養成してくれると書いてありました。ひょっとしたら絵本の読み方も教えてくれるかもしれないと応募したんです。一日だけの記事。これが運命の分かれ道でした」
引用:NHK

このように語っておりました!

黒柳徹子は紅白の司会をしていた?

1958年の『第9回NHK紅白歌合戦』では、自身初となるNHK紅白歌合戦の紅組司会を務めた。それから22年の月日が経った1980年の『第31回NHK紅白歌合戦』で紅組司会に復帰し、1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』まで4年連続、通算5回紅組司会を務めた。4年連続、通算5回の紅組司会という記録は、いずれも佐良直美に並び史上最多である。その32年後である2015年の『第66回NHK紅白歌合戦』では、総合司会として再度紅白の司会に復帰した。

黒柳さんは1958年・1980年~1983年の通算5回もの紅組司会を務めたとか!

黒柳徹子はアラン・ドロンに口説かれた?

恋愛ドラマの撮影中に共演者がそのまま熱愛にというケースがたまに聞きますが、黒柳徹子さんも昔は共演者に口説かれたようでその人物こそがフランス人俳優の「アラン・ドロン」だとか!

ラブシーンの撮影中、黒柳さんに一目惚れしてしまい撮影ということを忘れ本気で口説いてしまったらしいです!

その後、二人はクラブに行き踊った後に宿泊しているホテルへ。

しかしながら記者が待ち受けており、写真を撮られてしまって良いムードも台無しになってしまったとか。

黒柳さんはその時を振り返り、

「タイプじゃなかった」

このように切り捨てるような一言を!





黒柳徹子さんの昔と今を比較!

昔から今まで変わらず美人な黒柳さんですが、昔と今を比較してみましょう!

若い頃から目鼻立ちがしっかりしていて、噂以上の美人ですね!

和服がとてもお似合いですね。

黒柳徹子がInstagramを開設!


黒柳徹子さんがInstagramをやっているのはご存知でしょうか。

2019年9月現在、112万フォロワーを有す立派なインスタグラマーです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

近くの中華レストランで食事💕美味しいです。

Tetsuko Kuroyanagiさん(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –





まとめ

本日は黒柳徹子さんの昔が美人と話題になっていたので調査してみました!

噂以上の美人でしたが、それは今も変わらずですね!

日本を代表する長寿番組の徹子の部屋はいったいいつまで続くのか!
今後のご活躍がとても楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!





https://kiyo0406.com/kannnoyouko/

https://kiyo0406.com/harenosuke/