スポーツ

水谷隼の視力が悪いのはレーシックのせい?原因など調査!

卓球選手の水谷隼選手が「新兵器」と名付けたコンタクトを新しく導入することで話題になっていますね。

しかしネットではコンタクトよりも水谷隼選手の視力を心配する声が。

今日は水谷隼選手の視力が悪くなった原因と現在の視力はどのくらいかなど調査していこうと思います!





水谷隼は視力が悪い?

水谷選手の視力はどのくらい悪いのでしょうか?

調べてみると5年ほど前に1.5もあった視力が左目だけ0.3まで落ちてしまったそうです。

それだけではなく、「乱視・近視」が合わさったような状態になったとのこと。

その後は右目も同じような症状になり悪化する一方だったそうです。

水谷が視力に悩み始めたのは5年前のことだ。もともと水谷の視力は両目ともに1.5ほどあったにもかかわらず「当時、なぜか左目だけ急に0.3くらいまで落ちて近視と乱視のような状態になった」と明かす。

2018年1月頃、水谷の視界に再び異変が訪れる。ボールが見えにくくなっていたため、検査をしたところ、右目の視力が落ちていた。ほんの少し右目に乱視と近視がありました。

引用:Rallys





視力が悪くなった原因はレーシック手術?

一部で水谷選手の視力が落ちたのはレーシック手術が原因なのでは?

と、噂されていますがレーシック手術を行ったのは視力が落ちた後のことであり水谷選手本人が「視力が落ちたことはレーシック手術と関係ない」と完全否定しています。

近視を改善してもなお解決されない視界不良。その原因は水谷の両目に施したレーシックとは関係ないのか。水谷はその可能性についてはっきりと否定する。「アメリカに行って専門医にも見てもらったのですが、レーシック自体の経過はまったく問題ないし、繰り返しになるけど日常生活には問題がないんです。そもそも白いボールでプレーして、後ろの電光掲示板の広告の色も白やグレーなのでボールが見づらくなるのは当然じゃないですか?」

引用:Rallys

しかし視力が競技中に影響することはあるため照明の光などを軽減するサングラスをかけて試合等をしているとのこと。





考えられる原因

調べてみると同じような症状を相談されている病院がありました。

原因として、

太陽光のもとで1日1時間以上活動すると近視になりにくいとか、環境因子や生活習慣の影響が大きい

環境、生活習慣が大きな原因となるらしいです。

水谷選手の事を考えると「競技中のLED照明などが目に入るのが気になる」と発言していたので、それらが原因となっている可能性がありますね。





まとめ

本日は水谷隼選手の視力についてまとめてきました。

急激に落ちたということで試合などへの影響は大きいはずですが新兵器と言われているコンタクトがうまく作用してくれるといいですね!

これからの水谷隼選手の活躍に期待ですね!