芸能人

NiziUプロデューサーJ.Y.Parkのあだ名「餅ゴリ」の意外な由来とは?

ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」の人気がすごいですね!

そんなNiziUを開花させたプロデュ―サーがJ.Y.Park氏です。

そんなJ.Y.Park氏は「餅ゴリ」と呼ばれているそう。

その由来やなぜ「餅ゴリ」なのか気になりますよね!!

そんなニジプロ仕掛け人のJ.Y. Parkさんについて調査していきたいと思います!

J.Y.Parkのプロフィール・経歴

名前:パク・ジニョン

あだ名:餅ゴリ

生年月日:1972年1月13日

年齢:48歳(2020年9月12日現在)

出身地:大韓民国・ソウル特別市

学歴:延世大学校地質学科卒業・延世大学校大学院政治外交学科修士課程中退

ジャンル:K-POP、R&B

職業:シンガーソングライター、音楽プロデューサー

担当楽器:ピアノ、キーボード

レーベル:ソニーミュージック

事務所:JYPエンターテインメント

J.Y.Parkことパク・ジニョンさんはTWICEも世に輩出した敏腕プロデューサーです!

JYPオフィス会議室の壁には「自らリーダーになれ」とスローガンとして掲げられているようです!

Nizi Projectをプロデュースする際は、日本人とのコミュニケーションを行う為に日本語を勉強したとの事。日本のニュースで流れるような標準語ならば、ある程度は理解が出来るようになったらしいです。

相当な努力家ですね。

J.Y.Parkのマネジメントがすごい!

「働き方評論家」の千葉商科大学准教授の常見陽平さんもパク・ジニョンさんが「理想の上司」に求められる特長を備えていると言います。

それは、良いこと(Good)を最初に伝え、もっと改善すべき点(Motto)はあとで伝えているということである。

たとえば上司から部下にフィードバックする際は、良い後味で終わるように先にダメ出しをするということが多々あるが、これは先に悪い点を指摘することで「心をシャットダウンしてしまい、後から良いことを言っても伝わりづらい」ということにもなりかねない。そのため、敢えてGoodを先に伝えるようにしていると言われています。

パク・ジニョンさんはNiziU(ニジュー)のメンバーが緊張しながら話すとき、いつも笑顔を絶やさず見守り、いまは私のアドバイスを全部忘れて、心から楽しんでください」との声をかけます。

引用:NEWSポストセブン

そう声をかけられた練習生たちは、もっと頑張りたくなりますよね!

また、物腰の優しさから「こんな上司が良い」との声も多数あがっています。

「すごい実績があるのに、まったく偉ぶらない。番組で自分が一緒になって笑ったり、おちゃらけたり、ラフな格好で出てきたり。偉そうにして女の子が萎縮してしまうのを防ごうという意図を感じます。彼は偉くなればなるほど腰を低く、やわらかく接している」

しかし一見、優しそうに見えて腰が低いJ.Y.Parkだが、田家氏は「物腰はやわらかくても、中身はパンク魂に満ちた人だと感じる」と言う。

引用:AERA.dot

あだ名の餅ゴリの由来は?

https://twitter.com/pupupu127/status/1304699820364292097?s=20

きっかけは、2001年発売「Game」のプロモーションの時に、「セ○クスはゲームだ」とこんな発言をしたそうです。

これを受けて、韓国でパク・ジニョンさんは、「セクゴリ」と呼ばれるようになりました。

韓国では、「セ〇クス」を餅つきに例えることがあるらしく、「セクゴリ」から「餅ゴリ」になったそうです。

ただ、パク・ジニョンさんは、この時の発言を後に弁解しています。

セ〇クスを神聖視すべきでないという趣旨であって、ゲーム感覚という意味ではなかった。

パク・ジニョンさんは、これを受けて餅好きをアピールして、餅が好きでゴリラ顔ということから日本では「餅ゴリ」というあだ名が広まったそうですね。

 

ネットでの反応