スポーツ

ノニト・ドネアの強さと戦績まとめ!全盛期はいつ?

2019年11月7日に井上尚弥選手の世界統一戦WBSSの決勝が始まりました。

結果的には井上選手が判定勝ちしましたが、今まで対戦した中では非常に強力な選手でしたね!

今回は、ノニト・ドネア選手の強さや戦績についてまとめていこうと思います!





ノニト・ドネア【プロフィール】

名前:ノニト・ドネア

生年月日:1982年11月16日

年齢:37歳

出身地:フィリピン

スタイル:オーソドックス

ノニト・ドネア選手はアジア人として初めて主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)全てで世界王者となった人物でフィリピンでは英雄と讃えられています。

同じボクサーでフィリピンの英雄「マニー・パッキャオ」の弟分や後継者とも言われています。





ノニト・ドネア【戦績】

ノニト・ドネア選手は44戦38勝(24KO)6敗と、井上選手に負けたものの王者として輝かしい成績を残しています。

ノニト・ドネア選手はカウンターでKOする確率が非常に高く、その理由として「フィリピーノ・フラッシュ」という日本の漫画からヒントを得た鋭いパンチで相手をKOしています!

ノニト・ドネアは日本の漫画を好きなようで、特に「はじめの一歩」の漫画は常に読んでいたようで主人公・幕之内一歩の必殺技「デンプシーロール」を参考にした技「フラッシュ・ステップ」と編みだすほどのファンなんだそうです!





ノニト・ドネアが強すぎる!

アジア人として初めて主要4団体すべてで世界王者と輝かしい成績を残している彼はプロデビュー直後から勝利を重ね続けており、2戦目で負けたもののその後は32連勝するなど圧倒的な強さを見せています!

その強さは誰もが認めるものとなり、WBOから2012年度年間最優秀選手賞(ファイター・オブ・ザ・イヤー)に選ばれていました。

その他、ノニト・ドネア選手の強いエピソードをまとめてみました!

ノニト・ドネアが強い!【世界王者を2RKO】

「5年間世界王座を保持」「世界王座を10連続防衛中の長谷川穂積を4RKO」という世界王者のモンティエル選手をノニト・ドネアは僅か2RでKO勝利してしまいます!

軽量級の最強を争う対戦カードだったために世界中から注目されていた一戦でしたが、このような結果には誰もが驚きました!

ノニト・ドネアの全盛期はいつ?

そんな彼ですが年齢は今年で37歳と身体も衰えてきたのではないでしょうか。

現在でも十分強いですが全盛期はいつごろだったのでしょうか。

調べてみると2011年ごろが一番強かったと言われているようです。





まとめ

今回はフィリピンの英雄ノニト・ドネア選手についてまとめてきました!

37歳になった今でも素早いフットワークと鋭いパンチは健在でしたね。

井上選手に負けはしたもののこれからも現役は続行していくのでしょうか?

今後の活躍が楽しみですね。