時事ネタ

首里城が炎上した原因は放火!?詳しい被害状況など調査!

10月31日に沖縄にある世界遺産の首里城が全焼してしまうという悲しいニュースが飛び込んできました。

このニュースには地元民だけならず日本中が驚きと悲しみに包まれました。

今回は首里城が炎上した原因と詳しい被害状況など調査していこうと思います!





首里城が炎上!

沖縄県民にとって掛け替えのない存在である世界遺産・首里城の正殿などが31日全焼した。

「大変なこと」「あって当たり前だった」。火の粉を散らして煙を上げ、すすの臭いを漂わせる姿に、付近の住民はぼうぜんと立ちすくむしかなかった。

首里城の改修工事を請け負っていたという漆職人の諸見由則さん(59)は「十数年かけて外壁などに漆を塗り終わったと思ったら、全部焼けてしまった。せっかくきれいにしたのに、また一からやり直しだ」と肩を落とした。

 首里城から約2キロの距離に住む那覇市の公務員女性(47)は、午前4時ごろに防災無線でたたき起こされた。ベランダから見ると、空が真っ赤になっていたという。「火の粉はここまで飛んできていないが、近くの人は大丈夫だろうか」と不安そうに話した。

引用:Yahooニュース 

今回の火事は31日午前2時40分ごろ、那覇市首里当蔵町にある首里城から煙が上がっていると消防に通報があり発覚しました。

首里城の正殿から出火したと見られる今回の火事は31日の7時ごろには鎮火にむかいました。





首里城が炎上した原因は?

首里城が炎上した原因・【放火】

今回、火災が発生したのは正殿付近とされています。

午前2時ということで人はいなかったのでけが人などがでなかったのが不幸中の幸いですが、なぜその時間帯に火災が発生したのでしょうか?

原因の一つとしてネット上では「放火」ではないかと噂されています。

詳しい原因は警察などからの発表を待つしかありませんが、この時間帯での火事ということで放火を疑う人が多くいました。





首里城が炎上した原因・【漏電】

2つ目に噂されているのが漏電です。

首里城では27日から「首里城祭」というイベントが行われていました。

ネット上ではこのイベントで使用された機器からなんらかの理由で漏電してしまい、炎上する原因になったのではないかと考える人も多かったです。

こちらもあくまでも噂なので警察からの発表を待つのみですね。

首里城・被害状況は?

【出火始め・午前3時ごろ】

【消化活動開始・午前4時ごろ】

【鎮火・午前7時ごろ】





まとめ

今回は沖縄の世界遺産の首里城が炎上した原因についてまとめてきました。

地元民だけではなく世界中から観光スポットとして有名だっただけに多くの人が悲しみに包まれました。

午前7時ごろに鎮火したということでしたが、詳しい出火原因の発表を待つのみですね。