時事ネタ

としまえんの閉園時期はいつ?ハリーポッターのテーマパークができるとの噂も?

東京の遊園地で90年を超える歴史を持つ「としまえん」が段階的に閉園していくことが発表されました。

跡地には公園やハリーポッターのテーマパークが建設されるという噂が。

今回はとしまえんの閉園時期はいつなのか。跡地にできるというハリーポッターのテーマパークについての噂などまとめていきます。





としまえんの閉園時期はいつ?

東京の遊園地で90年を超える歴史を持つ「としまえん」が段階的に閉園し、跡地に東京都の公園や、小説や映画が世界的に人気の「ハリー・ポッター」のテーマパークを整備する交渉が進められていることが関係者への取材で分かりました。

詳しい閉園時期は未定ですが「2020年春頃」を目処に検討している情報が入っています。

跡地に建設予定の大型公園やテーマパークも2023年には工事を進めていくということで、そこに向かって段階的に閉園していくと考えられます。

としまえんの場所はどこ?

名称:としまえん

住所

アクセス:“池袋から直通14分”「豊島園」駅下車 徒歩1分





跡地のハリーポッターのテーマパークとは?

ワーナーは、西武グループが所有する敷地(約20ヘクタール)の一部を借りてテーマパークを作る一方、東京都が残りを買収し、一帯を大規模公園として整備する方向だ。としまえんの遊戯施設やプールは順次閉鎖する。ワーナーと西武、都などが協議を進めており、今春にも正式に決定する見込み。

テーマパークの中身は、映画撮影に使われたセットを見学できるロンドンの施設を参考に検討が進んでいる。ロンドンでは、巨大な魔法学校のホールや商店街、鉄道などのセットを散策したり、魔法のつえなどの小道具を間近に見学したりすることができる。こうした施設は、スタジオ型とも呼ばれる。乗り物型アトラクションがある米国のユニバーサル・スタジオや、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)とは異なるタイプとなる。

としまえんの跡地には、

  1. 都が運営する大型避難所にもなる公園
  2. ハリーポッターのテーマパーク

こちらの2つが建設される予定とのこと。

ハリーポッターのテーマパークと聞くと大阪のUSJに2014年に完成させたハリーポッターワールドが頭に浮かびます。

としまえんの跡地にはスタジオ型と呼ばれる「ハリーポッターの映画撮影に使われた機材・セットが見学できる施設」が建設されるとのこと。

USJのハリーポッターワールドはアトラクションなども豊富ですが、新しく建設される方はコアなファンが立ち寄って見学したりするような場所のようですね。