テレビ・ドラマ・映画

映画ゾッキのあらすじ・キャストは?ピエール瀧の復帰作として話題に!

昨年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中のピエール瀧さんが来年公開予定の映画・ゾッキにて復帰することが明らかにされました。

今回はピエール瀧さんの復帰作として話題沸騰中の映画・ゾッキのあらすじやキャストについてまとめていきます。





映画ゾッキあらすじ

孤高の天才漫画家、幻の初期作品集完成。
摩訶不思議なのにリアル、最少の線なのに圧倒的表現力!
漫画家・大橋裕之の自費出版時代の幻となっていた作品

今回、この作品を実写化するに当たり竹中直人、山田孝之、齊藤工の3名が監督になって共同作成するとのこと。

2018年、竹中さんが「ゾッキ」に惚れ込み、「絶対、実写映画化したい!」と強く熱望し今回の製作が始まったのがキッカケとのこと。

ゾッキは漫画家・大橋裕之の活動初期の作品などを選りすぐり収録している短編集となっています。

伴くん/父/秘密/Winter Love/プロレス/オサムをこんなうさんくさい道場に通わせたくありません/犬死くん 第1話/日本/旅/アルバイト/光走族について/風習/プレゼント/全部燃やせ/37才

数多く収録されており、今回「Winter Love」が実写化されるとのこと。

映画ゾッキの原作は?

今回、実写化されるゾッキは漫画家・大橋裕之の作品が原作となっています。

上京前の自費出版していた時期の作品を集めた短編集ゾッキは大橋裕之の原点が詰まっていと漫画家界隈からかなりの高評価を受けているとのこと。

 

映画ゾッキの撮影地は蒲郡市

蒲郡市で撮影が行われるゾッキですがエキストラとして蒲郡プロジェクト委員会」が100人ほど参加するとのこと。

ドキュメンタリーの製作やチャリティー活動なども行われるということで地元民の協力あっての今作ということですね。





映画ゾッキ・キャスト一覧

役職 出演者
監督 山田孝之
監督 竹中直人
監督 斎藤工
脚本 倉持裕
出演者 ピエール瀧

監督【山田孝之】

【山田孝之・コメント】

「初めてゾッキを読んだ時の衝撃、感動、恐怖、希望。それらを自分なりの表現で伝える。怖くもあるけどゲボが出るほど楽しみです。監督のイメージはあるものの監督をしたことがない僕ですが、竹中監督、齊藤監督と協力して心を刺激する作品に仕上げたいと思います」

監督【竹中直人】

【竹中直人・コメント】

「まさかこんなときがくるなんて…大ファンだった大橋裕之さんの作品を映画にすることが出来るなんて…まるで夢のようなできごと…夢のまたゆめのようなできごと…ぼくが感じた大橋さんの世界をどこまで映像化出来るのか…この思いに集まって来てくれた方々と夢中になって作ります!」

監督【斎藤工】

【斎藤工・コメント】

「監督陣がやや派手な門構えに見えるかも知れませんが、作品至上主義の映画人が集まっていて、大橋裕之さんの最高過ぎる原作に忠実に、かつ実写ならではの裏切りを行いたいと思っております」

脚本【倉持裕】

出演者【ピエール瀧】

ピエールが演じるのは漁師の定男。原作では別の漁師が「定男がシャバに出てくるってよ」と話題に挙げる場面で名前のみ登場している。ピエールの出演シーンは今月下旬に撮影予定で、これが俳優復帰となる。





【ゾッキ】ピエール瀧の復帰作として話題に!

 コカインを摂取したとして昨年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中のテクノバンド「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)が、今月下旬に俳優業を再開させることが2日、分かった。竹中直人(63)、山田孝之(36)、斎藤工(38)の3人が監督する映画「ゾッキ」(来年公開)の撮影に参加する。昨年3月の逮捕から11カ月ぶりの芸能界復帰となる。

昨年6月に捕まり今回、復帰することが明らかになったピエール瀧さんに対し否定的なコメントとファンからの温かいコメントが入り混じっていました。

どちらにせよ注目されているのは明らかですね。

復帰も少し早く思えますがそれほど芸能界にピエール瀧さんが必要という期待の裏返しでもありますよね。

詳しい役名などは明かされていませんが新しい情報が入ったら追加していきます!